ドッグフードの与え方

人間の赤ちゃんは、生まれてからしばらくは母乳やミルクで育ちます。
その後離乳食から始まって、子供にふさわしい食事をし、成長期、青年期、壮年期と年齢と体格にあった食事をし、やがては、年齢を重ねて老齢期に入り柔らかい老人用の食事をします。
その間、体調や肥満度に合わせて栄養をしっかり摂ったり逆にカロリー制限をしたりします。
この流れは、犬も同じです。
成長の度合いや加齢の度合い、体調や肥満度などによって、その時その時にふさわしい食事をしてて健康な生涯を送ることができるのです。
人間と犬の違い、それは人間は自分で調整したり言葉で伝えたりできます。

また、肥満や濃い味付けがよくないことは常識として心得ています。
しかし、犬は言葉でいうことができませんし、肥ろうが痩せようが気にしません。
犬の食事と健康管理はすべて飼い主の責任なのです。
犬を何頭も飼育した経験がある人は犬の様子を見て、その時々に判断しながら健康管理をします。
しかし、一般家庭では飼い犬の様子を見て一回一回判断をするのは困難です。
そこで、覚えておきたいのが一般的な目安です。
ドッグフードは、犬の体重や年齢によって栄養成分が違うものが市販されています。

また、ダイエットフードやアレルギー用のフードも市販されています。
それぞれ与え方の目安があります。
その目安を参考にしながら、自分の飼い犬の様子を見て微調整をする方法をとるとあまり大きな間違いが起きません。
そこで、その一般的な目安の勉強をしていきたいと思います。

Copyright © 2014 ドッグフードをあげる回数・タイミングは? All Rights Reserved.